rakublog 〜のんびりゆるく好きなこと〜

旅館・ホテルにお得に泊まる方法その1【初心者宿泊編】

TRAVEL

こんにちは。

気候が少し涼しくなり外出しやすくなることから旅行を計画している方も多いのではないでしょうか。

そこで少しでもお得に宿泊できる方法をお伝えしたいと思います。まずは初心者編です。
ちょっと工夫するだけで誰でもお得に利用できますのでぜひ参考にしていただければと思います。

旅行業会は争奪戦

ご存知のとおり今や旅行業会はコロナウイルスの影響で外出自粛などによりかなり厳しい状況です。

既に閉館してしまった施設もあれば、休館や感染者受け入れ施設となり旅行のお客様もを受け入れできなくなっているホテルもあります。

しかし実際に宿泊する側にとっては、今まで手のとどなかかった高級ホテルや旅館、気になっていた地元の有名ホテルなどが利用しやすい価格となり、宿泊しやすくなりました。

その他、長期滞在や時間貸し(デイユース)など多様なサービスも増えてきてますます便利になりました。

せっかくなのでこのチャンスを逃さず積極的に利用しましょう!!

とにかく簡単に安くしたいなら公式サイトがお得


基本的にシンプルな価格だけでいえば泊まりたいホテルの公式サイトから予約するのがお得です。

ほとんどの宿泊施設が「ベストレート」を謳っているため同条件なら公式サイトが最安となるのです。

理由は「手数料」ですね。大手の楽天やじゃらんnetなどからの予約だと予約の金額に応じて送客手数料というものを払わなければなりません。それがない分、最安で販売できるのですね。

ネット予約が面倒なら電話で予約

公式サイトが最安と分かったけれど登録や入力などが面倒な方はまず電話で予約してもいいかもしれません。

実際、公式サイトと電話予約で料金が変わらない宿は多いです。とりあえず予約だけしておきたいという方には電話がおすすめです。

ただし、初めての予約だとチェックイン時に名前や住所などを現地で記帳しなければならないと思います。

これは「旅館業法」に定められており、ホテル側もお客様の命を預かる立場にいるため、何か災害などがあったときに備えて誰が宿泊しているなどを把握している必要があります。

もちろん個人情報なので本人の許可なく口外はしないのでご安心ください。(芸能人が宿泊しても絶対に社外秘です)

話は戻りますが、結局はチェックインの際に記帳するのでネットでサクッと入力してしまった方が楽かと思います。

(たまに事前に入力していても本人確認のためにはじめから記帳が必要な施設もあります)

料金に変わりがなければカード決済がおすすめ


たまに現金払いのみのホテルもありますがキャッシュレスが進んでいる中で少しでも安くしたいならカード決済をおすすめします。

メリット

  • ポイントが貯まる(実質値引き)
  • チェックインがスムーズ
  • カード決済限定で通常より安いこともある

ポイントが貯まる

まずは「ポイントが貯まる」です。
これはシンプルにクレジットカードを利用することで利用額に応じたポイントが貯まります。実質その分が値引きと同じになります。現金だと同じ金額払っているのに何もありませんし、特にデメリットもないので積極的に活用しましょう。

チェックインがスムーズ


これは施設側、泊まる側どちらにとってもメリットです。チェックインが長引いていいことなんてないですよね。

今は検温や体調チェックを確認する施設も珍しくないので省ける手間は省きましょう。混雑した時間帯で自分の後ろに列ができると後悔するかもしれません。

カード決済限定で通常より安いこともある

これは施設側によるのでなんとも言えませんが、カード決済で通常より安くなることがあります。これは事前に決済を済ませていることでホテル側としてはノーショー(無連絡キャンセル)を防ぐことができるためです。他にも当日のキャンセルによる返金不可が条件だったりで安い場合もあります。

ここに泊まると決めているのなら大きな問題ではないでしょう。返金不可プランでも早めに連絡すれば返金してくれる場合もあります。

公式サイトからだとホテルのポイントカードを作るとお得

ここもポイント制度を導入しているホテルによりますが、独自のポイントカードなどがありほとんどが無料で登録できます。

そして宿泊した利用額や回数に応じてポイントが貯まります。貯まると次回そのポイントを利用することで割引になります。

また、次回の利用がない場合でも入会特典が付いている場合もあるのでとりあえず入会してみるのもありでしょう。

最後に


この記事ではホテルや旅行の初心者向けに作成してみました。

宿が決まっているならここからスタートしてもいいと思いますし、色々みて決めたい時はインターネットや旅行会社に行ってみるのもいいでしょう。

他にもいろんな視点でお得に泊まれる情報を提供していきたいと思います。

それではまた。