rakublog 〜のんびりゆるく好きなこと〜

ミルクブッシュを増やしたい!挿し木で簡単に。剪定のコツも

LIFE

こんにちは。

自宅で「ミルクブッシュ」という多肉植物を育てています。
今回、そのミルクブッシュが伸びてきてバランスが悪くてなってきたので剪定しようと思います。
ただ、剪定するだけもなんなので剪定後のミルクブッシュを挿し木で増やし、他の部屋でも楽しもうと考えました。

ミルクブッシュとは

ミルクブッシュとはアフリカの熱帯地域~南アフリカ原産で緑色の多肉質な枝が特徴です。
見た目もかわいらしく、自宅で育てているものは冬に少しピンクに色づきます。

少し黄色く色づいてきました。

剪定の時の注意点

全体のバランスを見ながら剪定バサミでチョキチョキとカットしていきます。
この時、切り口から白い樹液が出てきます。
これは毒性があり、素手で触れてしまうとカブれる恐れがあるので手袋をするなどして気をつけます。

カット後の茎は洗って乾燥させる

茎を切った後は、まだ切り口から白い樹液が出ているかもしれません。
まずはお水で洗い流すか切り口を水に浸けておきましょう。
洗ったら少し乾燥させて無機質の土(赤玉土など)にさしておきます。保水力の高い土(観葉植物用など)にしてしまうと根腐れを起こす可能性もあるので気を付けます。
多肉植物で水分は茎に蓄えるのでお水は控えめに。

これから

これから1ヶ月程様子を見ます。

※良い大きさの鉢がなく、ペットボトルを切って入れてます。適当ですみません。

発根したら植木鉢などにうつそうと思います。

適した時期が5〜9月なので時期は逃してしまいましたが、ミルクブッシュの生命力に賭けたいと思います。